2011年12月29日

僕の物語

真っ黒に塗りつぶされた過去のページだけを何度も読み返していた。
真っ白な未来のページに期待を寄せることをしなかった。
真っ黒なページの闇の中に縛られて見た、真っ白な未来のページは、まぶし過ぎて僕にとっては毒のようだった。
未来のことを考えるだけで憂鬱になった。
しかし今、僕は過去のページから抜け出せたようにおもえる。
僕の物語はショートショートの積み重ねで、一つ一つにオチがなければならない。それぞれの物語は独立しておらず、その間には相互作用が働いている。
僕は今まで、オチをつけずにダラダラと保留していた物語たちに、なんの手も加えることをしなかった。見て見ぬ振りをしていたのかもしれないし、オチのない物語もまた僕の一部であると勘違いしていたのかもしれない。
永遠に続く物語などない。物語は終わらなければいけない。それがどのような内容であっても。
先日、僕はいくつかの物語を終わらせた。今までずるずると引きずっていたことに対し、色々と吹っ切れることができた。
真っ黒に塗りつぶされた過去のページから抜け出し、一人の読者として、僕の物語を読むことができるようになったのだ。
すると、未来に対して希望がもてるようになった。自分が如何に、過去に縛られていたのかということを痛感した。
僕はいま、これまで読んで来たどんな物語よりも、「僕の物語」の続きが気になる。
それは、予想のつかない、無限の可能性を秘めた物語だ。
僕はこの物語の読者でもあり筆者でもある。
ページは常に未来へ進まなければならない。前のページを読み返すのは、物語を一通り読み終えた後でいい。
「僕の物語」を自分の中の最高傑作に
、仕上げてやろうじゃないか。


posted by しんたこ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

18

IMGP0416.jpg
posted by しんたこ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人の夢を笑う奴は、自分の夢に笑われるよ。
posted by しんたこ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。